代表挨拶・ビジョン・行動指針

代表挨拶

感動事業は、21世紀の最大のビジネス

DACグループCEO石川和則

2012年、DACグループは創立50周年を迎えました。
DACの目指す理想の会社像は、2つの柱からなっています。1つは、世界に役立つ「人」づくり。もう1つは、世界の人々を幸せにする「感動」を創りあげることです。21世紀、DACが目指しているのは、人の幸せや感動をビジネスとしてとらえ、人々の喜びを創りあげていくことです。
喜びや幸せをビジネスにする。こんなステキなことはありません。感動事業を推進する出発点は、DACが健全な経営を推進することです。
余裕をもって「人のため」「世のため」に尽くすことが大切なのです。
決してキレイごとではありません。誰でもがうらやむ経営こそが、感動事業推進の出発点なのです。

<プロフィール>

1948年10月千葉県生まれ
1977年28歳で多額の借金を抱え、デイリースポーツ案内広告の立て直しのため、三代目代表取締役社長に就任。
11年かけて完済し、ピーアール・デイリー、デイリー・インフォメーションをはじめとした7法人の広告会社の全国ネットワーク組織を作りあげた。DACグループ代表を務める。
神戸夙川学院大学客員教授広告業協同組合会員(1987~1997年理事)
社団法人日本外国特派員協会会員
秘境探検家(エベレストBC・キリマンジャロ登頂、北極点到着、南極点到着、タクラマカン砂漠横断他)

理念とビジョン

理念

全ての人が活躍できる社会へ
~失業率0%を目指して~

ビジョン

私たちはひとりでも多くの雇用機会の提供を行い、
ひとりでも多くの人が「働くよろこび」・「働くやりがい」を
感じる事のできる社会を創出していきます。

行動指針

私たちの基本的な考え方や行動のあり方を示すガイドラインとして「行動指針」を定めました。
社員ひとりひとりがこの行動指針に沿って行動することにより、皆さまからより確かなご信頼をいただけるよう努めてまいります。

  • 明日を切り開く気概を持とう <自分自身>
    高い志と誇りをもって目標を高く掲げ、進んで変革に立ち向かう気概を忘れずにことにあたることで、自分自身の成長を遂げていくよう行動します。
  • 仲間と感動を分かちあおう <仲間>
    自己責任を全うしつつ、チームワークを大切に、相互に尊重・信頼し、力を合わせることで、より大きな目標を達成していくよう行動します。
  • お客様とともに成長しよう <お客様>
    お客様のニーズを的確に捉え、誠実かつ確実に提案・解決をはかることで、お客様からの信頼を積み重ねていくよう行動します。
  • 社会の新しい発展に貢献しよう <社会>
    社会の一員として公正な姿勢を貫くことはもとより、誇りをもって新しい社会の創造・発展に力強く貢献していくよう行動します。

ピーアール・デイリーの口ぐせ

  • 明るく元気に笑顔いっぱい
  • 挨拶をきちんとする
  • 礼儀正しく
  • 遅刻厳禁時間厳守
  • 嘘をつかない
  • 謙虚である
  • 約束を守る
  • 素直で前向きである
  • 感謝の気持ちをもつ
  • 積極的な行動を!
  • PRデイリーでは常に求職者の目線に立ち、効果の高い求人広告プランを提案します!
  • パートナー募集
  • 事業紹介
SERVICE
事業紹介
お問い合わせ TOPへ

電話をかける

お問い合わせ

PAGETOP